特許調査・特許出願・権利化手続


特許調査(先行技術調査)

特許調査とは、過去にどのような技術が出願されており、どのような特許(実用新案も含む)が発生しているかを調べることです。

では、収益向上になぜ特許調査が必要なのでしょうか?プラナス知財事務所は、事業リスクを低減するため、特許調査は非常に有効であると考えています。

リスク1 : 侵害回避

あなたが考えたアイディア商品が、もし他人の特許権に抵触してたら?特許権者は、あなたに損害賠償を請求するかもしれません。最悪の場合、多額の投資をしたにも関わらず、あなたにそのアイディ商品の製造販売を中止するように求めてくるかもしれません。逆に調査で把握していれば、ライセンス交渉と言った戦略を事前に立てることもできます。

リスク2 : 不要出願の回避

あなたのアイディアを特許で保護するためには、それなりの費用が発生します。でも、もしあなたのアイディアは、公知なアイディアであり、だれもが自由に利用できるものだったら?あなたの多額の費用が無駄になってしまうかもしれません。

リスク3 : アイディアの保護

言うまでもありませんが、特許で保護していないアイディア商品はだれもでも真似し放題です。資金力のある大企業による大量生産や製造コストの安い途上国から輸入に対抗するのは困難です。ただし、いくら保護したいからと言って、先行技術のレベルを把握せず、闇雲に権利範囲の広い特許出願をしてしまうと、本当に必要な権利範囲ですら保護できないかもしれせん。

プラナス知財事務所は、特許調査を通じて他社技術を知り自社技術を知ることにより、不要なコストが抑えられるので、特許調査は貴社の収益向上につながると考えています。

 


特許出願(専門分野 電気 電子 機械 制御)

特許調査、市場調査の結果を踏まえ、特許権取得をすべきという結論に至った場合は、出願手続に入ります。手続きの中心は皆さまのアイディアを文章にする作業になりますが、ここでポイントはそのアイディアでいかに広い権利をとることができるのかということです。  皆さまは広い権利を具体的にイメージできますか?

例えば、あなたはリクライニングできる椅子を初めて発明をしたとします。椅子には様々なものがありますよね。肘掛け椅子、安楽椅子、飛行機の座席、ソファー、座椅子等々、あなたはどんな椅子までそのリクライニングの発明についての権利を取りたいですか? リクライニングの可能性のあるすべての椅子について権利を取りたいですよね。取れればいろいろな椅子メーカからライセンス収入が見込めますからね。広い権利をとれれば広範囲の商品に対して影響を及ぼすことができるのです。

リクライニングシートはすでにさまざまな形態が世の中にありますからイメージしやすいですよね。でも皆さまのアイディア商品はまだ世の中にないのです。そのまだ世の中にない時点において、将来出現するであろう類似商品や、そのアイディアを用いた商品を想像しつつ、広い権利としての文章を書くことが弁理士の腕の見せ所なのです。またあまり記載範囲を広げすぎるとすでに世の中にある商品が含まれたり、他人の特許権に被ってしまうこともありますから、そのあたりにも注意を払う必要があるのです。

権利範囲を限定すれば狭い権利としての特許をとることは実はそれほど難しいことではありません。しかしそれでは特許を取れても収益に影響してきます。ただし、むやみに権利範囲を広くすると、審査において拒絶されやすくなります。そのため、請求項が多くなり審査請求費用が高額になったり、本来であれば不要であった中間処理の費用が発生する可能性もあります。

プラナス知財事務所は、市場調査の情報に基づいた、皆様の想定商品を熟知しています。特に、想定顧客から好感触を得た、想定商品の長所を特に理解しています。プラナス知財事務所では徹底して収益向上という観点にこだわり、メリハリをつけた出願手続を提供します。

 


権利化手続(中間処理含む)

権利化手続とは、出願した発明について特許庁の審査官に審査を請求する手続や、審査の後に拒絶理由を受理した場合の手続、審査の後に特許された場合の手続を意味します。プラナス知財事務所は、お客様に代わり、これらの特許庁への手続を代行します。

 

ここで、「拒絶理由」について簡単に説明します。審査官は、過去の膨大な出願と対比して、お客様の発明が、世の中に知られていない新しいものか(新規性)、十分な工夫がされているか(進歩性)を審査します。仮に審査官が、お客様の発明は新規性がない、進歩性がないと判断した場合に拒絶理由を通知します。そして、拒絶理由を受理した場合の手続は“中間処理”と呼ばれます。この中間処理の対応が、お客様のアイディアが権利化されるか否かの重要な局面だと言っても過言ではありません。

 

プラナス特許事務所は、お客様のアイディアを熟知しているだけではなく、お客様の意向に基づいた市場調査により、お客様の想定商品や、想定マーケットまでも熟知しています。また、近年の審査では、発明が解決する課題が重要視され、ユニークな課題であるほど特許性を主張しやすくなっています。勿論、プラナス特許事務所は、将来の特許取得を見越して市場調査を行い、ユニークな課題があれば必ず出願書類に反映させます。

 

このように、プラナス特許事務所は、お客様の収益を第1に考えて、単に知財面だけではなく、市場面からも有効な内容の権利化手続を提供します。

 

お気軽にお問い合わせください。

TEL 045-633-4399 

受付時間 9:00~18:00

(土日祝は除く)

FAX 045-575-4900(24時間受付)