展示会出展支援


展示会出展支援 企画から運営まで多忙な社長のサポートをいたします。

アイディアを基にした試作品の反響や既商品の売上向上を目的として東京ビックサイトや幕張メッセで開催される展示会出展を検討されている社長も多いとことでしょう。出展先や出展形態によって費用は様々ですが、結構な金額になりますよね。総来場者数が数万人以上のある程度のメジャーな展示会に出展するとなると結構な費用がかかりますよね。さて、社長はこの費用対効果をどのようにお考えでしょうか?知名度を上げるための一つの宣伝手段だから、あまり気にしていない。あるいは結局その場でビジネスにつながらないケースが大半だから、特に回収目標を定めていない。という社長も多いのではないでしょうか?しかしそれではあまりに勿体ないと思いませんか?

そもそも出展目的はなんでしょう?もちろん売上向上が最終目的だと思いますが、もう少し細かく考えてみましょう。出展におけるゴールをどのように設定しますか?見込み案件の案件獲得数にしますか?それともその場における商談成立件数(または金額)ですか?はたまた来場者数にしますか?なぜこのようなことをお聞きしたかといいますと、そのゴール設定によって出展コンセプトが定まり、そしてレイアウトや装飾、人員配置等を考慮しなければならないからです。その場で商談成立を目指すのであれば、少なくとも応接ができるスペースがほしいですよね。名刺集めが目的であるのであれば、ノベリティーやコンパニオンの配置が有効でしょう。そんなことわかっているよ!費用がかかるだろう?社長は言います。もちろんそうです。理想を言えばきりがありません。

しかし、限られたリソースであっても、費用対効果を最大にするために前述のような目標設定をして、出展コンセプトを定め、それに基づくブースレイアウト、人員配置等の検討はしっかり取り組みたいところです。もっというと出展先の展示会をどこにするか?ブース設営位置は集客に有利な場所か?なども非常に重要なところになります。プラナス特許事務所は特に少コマ数の小規模出展における運営を得意としています。お忙しい社長に対する、費用対効果を向上させる展示会出展ノウハウの提供と支援をいたします。

 

お気軽にお問い合わせください。

TEL 045-433-6399 

受付時間 9:00~18:00

(土日祝は除く)

FAX 045-575-4900(24時間受付)